知多半島ではないのですが、知多半島からなら行きやすいおすすめのお店の情報などもお伝えしていこうと思い、その第一弾は無難に有名店の天ぷら光村です。

有名なお店ですから、ご存知の方や行かれた方もいらっしゃると思いますが、私の感想に共感して下さる方は、きっと私と嗜好性が似ているのだと思いますから、このブログの知多半島グルメ情報も役立つと思います。

そんな判断材料にもなればと思います。

天ぷら光村のおすすめメニュー

光村(みつむら)は名古屋市にある有名な天ぷら店ですが、天ぷらそれ自体は特別おすすめというわけでもありません。

ふつうに美味しいですよ。でも、わざわざ知多半島から天ぷらを食べに行く価値があるかと言うとそこは疑問です。

 

しかし、光村のかき揚げ丼は別です。超おすすめ!

 

天ぷら光村のかき揚げ丼

ぷりぷりで美味しいエビがたくさん入ったかき揚げが美味しいですよね。これで1300円です。

光村に行かれる方々のほとんどがコレ目当てだと思います。

 

ぷりぷりのエビと言っても、もちろん最近なぜか流行のあの妙な食感の冷凍食品ではありませんよ。(名古屋にある某一流ホテル内の某一流中華料理店で料理の中で「あのプリプリエビ」が使われていた時にはガッカリしました。その後二度とあの店には行っていません)

エビ本来のぷりぷり感とエビの味が楽しめるかき揚げです。

 

そして、この美味しいかき揚げとタレの味のハーモニーが絶妙です。

天ぷら店であれば、似たようなかき揚げ丼は他の天ぷら店でも食べることができますが、ここ光村のかき揚げ丼は光村でしか食べられない味なんですよ。

 

知多半島にあるかどうか関係なく、私がおすすめするお店は自分自身がリピーターになっているお店で、また食べたいと思えるかどうかがポイントです。

ふつうに美味しいだけで、近所ならばまた行くかも? とか、結構美味しいけど何か足らない、とかのお店はおすすめしていませんし、たいてい二度目に行くことはありません。

その意味で、ここ光村はかき揚げ丼を食べるために何度も行っているお店です。

 

かき揚げ丼を注文すると上の画像の通りお漬物とみそ汁がついてきますが、このみそ汁はしじみ汁です。

珍しいチョイスだと思ったので、お店の方に聞いたところ、契約している桑名の猟師さんから入手できるので、いつでも美味しいしじみが提供できるのだそうです。

 

また、かき揚げ丼にはかき揚げの大盛(かき揚げのエビが約2倍の物です)もあります(スペシャルかき揚げ丼)。

写真ではわかりにくいのですが、

かき揚げ丼の比較

手前がふつうのかき揚げ丼で、向こう側のピンクのシャツを着た人の前にあるものがかき揚げのエビが多いものです。厚みが倍近いです。

天ぷら光村に行く際の注意点

光村のかき揚げ丼は確かに美味しいですが、光村に限らず料理は必ず日によって味がばらつきます。

その点、光村は比較的そのばらつきは少ないのですが、天ぷらという料理の性質上、そして人気店であるが故に、遅い時間帯に行くと揚げるための油が劣化しています。従ってかき揚げの味も落ちてしまいます。

 

平日はよほど大丈夫なのですが、土日祝日は特にお客さんが多いですから、ランチタイムの閉店(オーダーストップは13時半です)近くに行くと味が随分と落ちてしまいますので、おすすめできません。

 

光村に行かれるならランチタイムがおすすめですが、できるだけ早めの時間に行きましょう!

 

尚、これまた天ぷら店という性質上、オーダーストップは厳格です。

1度、私たちが食べ終えて帰るのが少し遅くなり13時32分頃の事、既にお客さんが1組入店を断られていました。

その方々は遠方から光村に来るためだけに来られたようで、必死にお願いしていましたが、もう火を落としてしまったからと受け入れてもらえませんでした。

遠方から楽しみにして来られた方々は可哀そうですが、人気天ぷら店なので仕方がないのかもしれませんね。

 

その意味でも、なるべく時間に余裕を持って早めに行って下さいね。

 

天ぷら光村
愛知県名古屋市北区清水3-19-18
TEL(052)911-3512
営業時間
11:00~14:00(L.O.13:30)
17:00~21:00
定休日/水曜日
天ぷら光村ホームページ

 

ここのかき揚げ丼は名古屋めしではありませんが、東京や大阪はもちろんのこと、岡山や九州から知人が来た時もここのかき揚げ丼を食べるために連れて行ったくらいに私のお気に入りのお店です。

まだ行かれたことのない方は、是非1度、光村のかき揚げ丼を食べてみて下さい。

くどいようですが、早めの時間(出来ればお昼の12時前に)行って下さいね。