名鉄河和駅から徒歩5分ほどで行ける知多半島の穴場的な海鮮料理のお店として福助というお店があったのですが、現在は閉店しています。

海鮮料理の福助は閉店しました

ガイドブックなどにも載っていなかったので、地元の人が行く海鮮料理のお店として福助は良いお店だったのですよね。

いまだ良く聞かれるのです

「福助ってまだやってるよね」

「あのお店…ほら、河和駅の近くの海鮮の美味しいとこ行こうよ」

など、いまだ良く聞かれるのです。

あるいは、

「あの福助って、どこに移転したの?」

と聞かれることもあります。

 

残念ながら移転ではなく閉店してしまったんですよね。

美浜町河和の海鮮料理、福助が閉店したのは2015年のことです。

 

たしかにそれほど流行っていたとは言い難いお店ではありましたが、そこそこお客さんはいましたし、いまだ私が聞かれるくらいですからファンもそこそこ多いので、福助の閉店は本当に残念です。

メジャーな魚太郎やまるは食堂に客を取られてしまったのでしょうか。

地理的には魚太郎は近いですからね。

 

コスパも美味しさも福助のほうが断然上だったと思うのですが。

 

福助は後継者がいなくての閉店ではありません。

倒産です。だから残念なのです。

倒産なので再度営業されることもないでしょう。

 

しかし、残念だと嘆いていても仕方ないこと。

そして、それをブログの記事にする必要があるのか? と、思われるかもしれませんが、実は必要性があると判断して記事にしたわけです。

福助がまだ営業していると誤解される理由

そもそも、なぜ私に聞いてくるのか?

それはネットで調べると確かに福助のホームページは無くなっているのですが、食べログなどいくつかの大手グルメサイトではいまだ掲載されたままだからです。

 

食べログでは、長期間更新がないことを警告していますが、それだけではわかりにくいですよね。

 

だから、あえてこのブログでもお伝えしようと思ったわけです。

また、私の知人たちがそうであるように店名である福助という名前を憶えていない方も多いのでは?

河和駅の近くとか、戸塚ヨットスクールの近くとか、場所で覚えている方は調べようもありません。

 

まあ、私がブログで伝えたとしても、その影響力は微々たるものではありますが、地元民だからこそ伝えられる情報でもありますからお伝えしておきます。

福助が懐かしい方は、師崎の「ことぶ喜」へどうぞ!

福助が閉店して残念と思われる方は、このブログで以前に紹介した南知多町のことぶ喜へ行ってみて下さい。

ことぶ喜は、南知多町でも最先端の師崎、羽豆岬にある海鮮料理店ですから遠いのが難点ですし、福助ほどに広くもありませんが、そのコスパ(コストパフォーマンス)と美味しさは福助と同じか福助以上だと思います。

 

その意味で大事なお店ですから、ことぶ喜はいつまでも営業を続けて欲しいものです。