このブログではグルメ情報をいろいろと提供しておりますが、グルメ情報には絶対性がないと考えております。

食べ物が美味しい、美味しくないという感覚には嗜好性が大きく影響を与えるのではないでしょうか。

誰かが「美味しい」と教えてくれたお店の料理が口に合わなかったり、あなたが美味しいと思う料理が他の方には不評だったという経験はございませんか?

 

食べるものは好き嫌いや嗜好性と言いますか、味の好みで感じ方が大きく変わると思います。

 

つまり、あなたと私の好みが似ていれば、私のお奨めするグルメ情報があなたにも役立つと思われます。
しかし、あなたと私の好みが違えば、私が美味しいと感じるものも、あなたのお口に合わないかもしれません。

特にB級グルメではそれが顕著だと思います。

たとえば、私はラーメンの麺は固めが好みですが、やわらかめがお好きな方もいらっしゃいますよね。
これはどちらが正解か、あるいは、どちらが食通かという問題ではなく好みの問題で、各自が美味しいと思えるのが一番だと考えています。

それと同様に、「美味しい」という感想が本音であったとしても、すべての人が同じように美味しいと感じることはないでしょうし、仮に美味しいと感じたとしても、美味しいの度合いも違うでしょう。

 

飲食店に関しては、日によって味がバラつきますし(毎回必ず同じ味というのは不可能なのでしょうね)、食べる側も体調によって感じ方が変わることもありますよね。

また、好みの問題で言えば、先にラーメンを例にあげましたが、個人的にはラーメンと一括りにしても、たとえば醤油ラーメンと味噌ラーメン、塩ラーメン、豚骨ラーメン(他にも名古屋めしの台湾ラーメンなどいろいろありますが)で、それぞれ別の料理に等しいと思っています。

 

たとえばラーメンならば半田市で住吉町にあるさくらが一番という声を聴いたことがありますが、その順位付けには無理があるように思います。

 

なぜなら同じ寿司でも鮪と穴子はどちらが美味しいですか?

これは好みの問題であって、比べるものでもありませんよね。

寿司なら中トロが一番だという順位付けと同じように思います。

正直な本音しかお伝えしていません

このブログでは、私の正直な本音しかお伝えしていません。

私は芸能人やレポーターではありませんので、視聴率やスポンサーに気兼ねする必要はありませんから、思ったままを伝えられます。
(最近は芸能人の方も正直な方がいらっしゃいますが)

しかし、上記の通り、私が本音で美味しいとお伝えしたものも、もしかしたらあなたのお口には合わないかもしれませんので、その点はご了承下さい。

また、私のお奨めをあなたも美味しいと感じて頂けるのでしたら、きっと好みが似ているのだと思いますから、このブログで紹介しているお店は是非いろいろ行かれてみて下さい。

私の嗜好性の一部

私は好き嫌いはなく何でも食べますし、甘い物も和菓子、洋菓子を問わず好きです。

しかし、酒は飲みません。というかたぶん体質の問題なのかほとんど飲めません。
なので、お酒に関しては味があまりわかりません。

肉も魚も野菜も好きですが、魚介類は知多半島という土地柄、そして父親が釣りが好きで漁師さんとも知り合いだったため小さな頃から新鮮な魚介類を食べることができました。

 

そのため、魚介類の鮮度には敏感なほうだと思います。

 

ただ裕福な家庭ではなかったので、フレンチや高級和食の繊細な味が判別できるほどの味覚はたぶんないと思います。

 

後、自称コーヒー通ですが、コーヒーもこれはまた凄く嗜好性の高い嗜好品ですからねえ。どこまで通なのかは疑問ですね。

個人的には20年くらい前まで愛知県にあった珈琲店ポエムグループのジャーマンブレンドが、中でも岡崎市の松坂屋近くにあったポエムのジャーマンブレンドが最高だと今でも思っています。

あのコーヒーを超えるコーヒーにいまだ出会えていません。